TOP » 防水工事の種類をリサーチ » シート防水

シート防水

このページでは、屋上防水工事の施工方法の1つ・シート防水を紹介します。

シート防水とは

シート防水には、厚さ1.2~2.5mm程度の、シート状に加工した合成ゴムやプラスチックのシートが用いられます。そちらを接着剤などで下地に取り付けていきます。

アスファルト防水に比べ材料自体の性能が安定しており、耐久・耐候性に優れ、下地の亀裂にも強いという特長があります。また工期が短くて済むという利点も。

ただし、シートのつなぎ目や曲面などの複雑な部分の施工には、欠陥が生じる可能性もあります。シート工法には、以下の2種類があります。

シート防水が得意な
東京の防水工事会社を探す

塩化ビニル系シート防水

塩化ビニール樹脂シート1枚で構成された、防水層。紫外線や熱、オゾンなどに対しても優れた耐久性を持っているため、保護塗装が不要で、維持管理費を節約することが可能です。
工法には2種類あり、接着工法と機械的固定工法とあります。

接着工法は、塩化ビニール樹脂シートを下地に直接貼り付ける工法。本来は堅い素材で出来ているのですが、防水工法で使う際には可塑剤を混ぜて柔らかくして使っています。ただ、塩化ビニール樹脂シートの劣化が進むと可塑剤が気化してしまい、本来の堅さに戻ってしまうといった欠点があります。
ちなみに、接着工法では、塩化ビニールシートの上に断熱材を入れるかどうかで、さらに断熱工法と非断熱工法に分かれます。

また、機械式固定工法では、塩化ビニールを銅板器具やビスなどで機械式に固定していきます。ある程度の下地に対応できるので、既存の防水層が使えれば、撤去せずにそのまま施工が可能です。接着工法と同じく、断然材をいれるかどうかで断熱工法と非断熱工法に分かれます。

【メリット】

  • ゴムシート防水に比べ、耐久性に長けている。
  • 軽量で施工がしやすい。
  • 燃えにくい性質。
  • もともとの防水層を選ばず、上から被せられる。
  • 雨天に影響されず施工が出来て、工期が短縮できる。

【デメリット】

  • ゴムシートに比べ高価。
  • 複雑な形状には向かない。
  • 施工中は振動と騒音を伴う。

合成ゴム系シート防水

シート状に成型した防水ゴムシートを、接着剤で下地に貼り付ける防水工法。合成ゴムシートの優れた点は、なんといっても伸縮性の高さと耐候性です。また、シートを接合するには接着剤と粘着テープを使用するため、塩化ビニールシートのように熱で溶けないといった利点があります。比較的安く仕上がるため、人目に触れない場所や、応急処置を目的とした防水工事に向いています。ただし防水層としての厚みが薄いため、鳥のついばみなどによる損傷を受けやすくなっています。

塩化ビニル系シート防水と同じく、接着工法と機械的固定工法の2種類。下地処理したらプライマーを塗布し、接着工法ではゴムシートの裏面と下地に接着剤を塗布。機械的固定工法では、鋼板盤とビスで固定します。次にローラーなどでしっかりと転圧し、接合部にはシーリング材などを使って水が入り込まないようにします。仕上げに、塗料を塗布して終了です。

【メリット】

  • コストが安い
  • 伸縮性、耐候性に長けている
  • 工期が短くて済む。
  • ゴムなので、軽度のクラック等にも対応

【デメリット】

  • 複雑な形状には向かない。
  • 塩ビシートよりも耐候性で劣る。
  • 施工者による精度のバラツキが生じてしまう。

\\まずは複数の防水工事会社で相見積もりを取ってみよう//

東京都のおすすめ防水工事会社を調べる