TOP » やらなくて大丈夫?屋上防水工事の必要度チェック

やらなくて大丈夫?屋上防水補修 必要度チェック!

所有ビルやマンションの屋上はどんな状況ですか?

あなたの所有しているマンションやビルの屋上、最後に防水工事をしたのはいつですか?もしかしたら漏水の危険がすぐそこに迫っているかもしれません。東京都内などは台風が直撃することがほとんどないと言われてきましたが、最近の異常気象によってそれも定かではなくなってきています。「今までも大丈夫だったから」と油断していると、直撃しなくてもひどい豪雨で雨漏りをおこしてしまった…なんてこともあり得るのです。

さっそく屋上防水の必要度をチェックしてみましょう!

マンションの劣化具合は、見た目ではわかりにくいもの。意識的にチェックすることで、気が付ないような小さな箇所も把握でき、適切な修繕対策をとることができます。ひどくなってからでは、コスト面での負担も大きくなりますので早めの対策を講じるようにしましょう。

マンション・ビルの屋上で気になる点










↓↓1つでもチェックに当てはまるなら↓↓

屋上防水工事のメンテナンス時期は、仕様や工法、断熱材や保護材などの使用素材、屋上の使用頻度などの影響からも変わってきます。近年の異常気象などからも、先延ばしは無用なトラブルを呼び込むものに。一般的にメーカーなどから言われている年数よりも、少し早めの時期に施すのが無難です。

屋上防水の劣化ついて詳しくみる

マンション・ビルの屋上防水会社を呼ぶレベル










↓↓1つでもチェックに当てはまるなら↓↓

これらの症状がみられたら、早急にプロの防水工事会社に見てもらうのがいいでしょう。すでに、見えない深い部分で劣化が進行している可能性が大です。他にも、屋上にみられるちょっとした異常が劣化サインだったりします。屋上は常にダメージを受けている場所でもあるので、定期的なチェックで劣化サインが小さいうちに対策を施すようにしましょう。

マンション・ビルの屋上劣化について詳しくみる

マンション・ビルのメンテナンス時期について。補修工事をした時期はいつですか?


↓↓1つでもチェックに当てはまるなら↓↓

マンションなどの大規模修繕では、定期的なチェックがとても重要。住民からクレームが来てから対処しては手遅れになっていることも多いので、修繕の時期になったらしっかりとプロに見てもらうのが安心です。
まずは現地調査でみてもらい、適切な修繕方法に納得のいく方法を提案してもらいましょう。そして、工事中はもちろん、修繕後も不具合がでないように定期的にチェックします。

メンテナンスについて詳しくみる